物知りイタリア留学ナビゲーター

申請書の記入が済んだらもう一度郵便局にいきます。申請書と必要書類一式を窓口で提出するとその場で受付手続きをしてくれます。

 

大きな郵便局に行くと受付番号を発行するボタンがあり、その中に“PermessodiSoggiorno”と記載したものがあります。それを押すと受付番号順に窓口に呼ばれ、封筒に入った滞在許可証の申請書をもらいます。

 

説明は全てイタリア語で記載されています。これに加えて35ユーロの書留代金がかかります。

 

申請代金の支払いはクレジットカードでも可能ですが、書留料金については郵便局によって現金での支払いを求められる場合があるので注意が必要です。滞在許可証の申請には109ユーロ(2015年10月現在)かかります。

 

パスポート、留学保険の保険証、その他ビザの申請に必要だった書類を忘れずに持って行きましょう。滞在許可証の申請書は2種類あります。

 

滞在許可証の申請はイタリアの郵便局PosteItalianeで行います。申請時には145ユーロ程度必要であることを念頭に入れておきましょう。

 

そこに必要な事項を記入していきます。郵便局では2つ合わせたセットで渡されますが、留学生が使用するのはModulo1と呼ばれるものです。

 

イタリア語に自信がない方は学校に相談するか、イタリア語の堪能な人にアドバイスを求めるのがいいでしょう。